オーガニックサイエンス

合成された「くすり」のみなもと

合成された「くすり」のみなもと
新しい「くすり」の開発は、不治の病とされていた病気から多くの尊い命を救ってきました。くすりへの挑戦には、新しい化学物質を創製する化学的研究が必要となります。実際にくすりの「金の卵」たちを作る研究です。サイエンスの未踏の世界を探検してようやく出来上がった結晶は、どれも宝物です。今日も「未知なる化合物」を求めて、フラスコの中で新たな化学反応をおこなっています。

快適な生活に役立つ“リポソーム”

快適な生活に役立つ“リポソーム”
生物の細胞膜に含まれているリン脂質は形をかえて私たちの身近で利用されています。リン脂質は三代栄養素の一つである脂肪と構造が似ていますが、これに超音波を照射するとこの図のようなカプセルを作ります。そのカプセルの中にはいろいろな化合物を封入することができ、医薬をはじめ食品・化粧品での応用が行われています。生き物から得られるリン脂質は人間に対しても優しいのです。

非対称なビナフチルの結晶化

非対称なビナフチルの結晶化
ビデオカメラにより上方から撮影された、円筒状セル内における1,1'-ビナフチルの過冷却融液中からの結晶化の様子です。開放系である結晶成長フロントにおいて、生命と同様にキラル対称性の破れが起こっているため、各結晶は鏡像異性体のどちらか一方により独占されています。

生理活性天然有機化合物の全合成

生理活性天然有機化合物の全合成
右図は有機化学の知識と技術を駆使して最近応用化学科において人工合成された天然有機化合物です。これらは癌、アルツハイマー病などの新しい治療薬として期待されているものです。この研究過程で、新しい反応と技術が開発され、類似化合物の合成法も確立されました。天然有機化合物の全合成研究は、いのちを守る新たな化合物を創出するとともに、化学全般の進歩をもたらす科学の重要な分野です。

有機化合物の分子軌道計算

有機化合物の分子軌道計算
コンピュータで有機化合物の電子状態を知ることができます。電子の入っている軌道のエネルギーの状態、電子密度の分布など・・。この「分子軌道計算」により有機化合物がどの場所で、どのように反応するかを予測することができます。また薬理活性の相関から、より効き目の強い薬を設計することもできます。生理活性化合物の設計、合成にコンピュータは大きな力を貸してくれます。