佐藤 隆章(さとう たかあき)

分子有機化学研究室
准教授・博士(理学)
内線 : 47409 部屋番号 : 23 棟 509 号室
E-mail : takaakis"at"applc.keio.ac.jp
("at"を@にして下さい。)

【略歴】
1978年 12月 群馬県前橋市生まれ
1997年 3月 群馬県立前橋高等学校卒業
2001年 3月 東北大学理学部化学科卒業
2003年 3月 東北大学大学院理学研究科化学専攻博士課程前期修了
aaaaaaaa(指導教官:平間正博教授)
2006年 3月 東北大学大学院理学研究科化学専攻博士課程後期修了
aaaaaaaa(指導教官:平間正博教授)博士(理学)取得(東北大学)

【職歴】
2003年 7月 スイス連邦工科大学 21世紀海外研究拠点・研究員
aaaaaaaa(Vasella研究室)
2005年 4月 学術振興会特別研究員(DC2)
2006年 4月 カリフォルニア大学アーバイン校・博士研究員
aaaaaaaaaaa(Overman研究室)
2008年 4月 慶應義塾大学理工学部応用化学科 助教(有期)
2011年 4月 慶應義塾大学理工学部応用化学科 助教
2012年 4月 慶應義塾大学理工学部応用化学科 専任講師
2016年 4月 慶應義塾大学理工学部応用化学科 准教授

【研究分野】
1. アミド変換反応の開発と、天然物全合成への応用

2. スキップジエン構造の新規合成法の開発と、天然物全合成への応用

【代表論文】
(1) Shirokane, K.; Kurosaki, Y.; *Sato, T.; *Chida, N.
"A Directed Entry to Substituted N-Methoxyamines fromN-Methoxyamides
via N-Oxyiminium Ions"
Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49, 6369-6372.

This article was highlighted in SYNFACT, 2010, 6, 1412.

(2) Shirokane, K.; Wada, T.; Yoritate, M.; Minamikawa, R.; Takayama, N; *Sato, T.; *Chida, N.
"Total Synthesis of (±)-Gephyrotoxin by Amide-Selective Reductive Nucleophilic Additon"
Angew. Chem. Int. Ed. 2014, 53, 512-516.

This article was selected as VIP (Very Important Paper).
This article was selected as the most accessed articles in ACIE in 12/2013.
This article was selected as the most accessed articles in ACIE in 11/2013-10/2014
This article was highlighted in SYNFACT 2014,10, 116.

(3) Yoritate, M.; Meguro, T.; Matsuo, N.; Shirokane, K.; *Sato, T.; Chida, N.
"Two-step Synthesis of Multi-substituted Amines by Using an N-methoxy Group
as a Reactivity Control Element"
Chem. Eur. J. 2014, 20, 8210-8216.

This article was selected as VIP (Very Important Paper).
This article was selected as a front cover.

(4) Katahara, S.; Kobayashi, S.; Fujita, K.; Matsumoto. T.; *Sato, T.; *Chida, N.
"An Iridium-Catalyzed Reductive Approach to Nitrones from N-Hydroxyamides"
J. Am. Chem. Soc.
2016, 138, 5246-5249.

(5) Suto, T..; Yanagita, Y.; Nagashima, Y. Takikawa, S.; Kurosu, Y; Matsuo, N. *Sato, T.; *Chida, N.
"Unified Total Synthesis of Madangamines A, C, and E",
J. Am. Chem. Soc.
2017, 139, 2952-2955.

This article was selected as the most read articles on a monthly basis.
This article was highlighted in SYNFACT 2017,13, 450.

(6) Yoritate, M.; Takahashi, Y.; Tajima, H.; Ogihara, C.; Yokoyama, T.; Soda, Y.; Oishi, T.;
*Sato, T.; *Chida, N.
"Unified Total Synthesis of Stemoamide-Type Alkaloids
by Chemoselective Assembly of Five-Membered Building Blocks"
J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 18386-18391.

This article was selected as the most read articles on a monthly basis.
This article was highlighted in SYNFACT 2018,14, 231.

論文リストはこちら(PDF)


【受賞】
1.日本化学会第85回春季年会 学生講演賞(2005年3月)
 「メリラクトンAの不斉全合成研究」

2.第21回有機合成化学協会研究企画賞(2009年2月)
 「N-アルコキシアミド基を経由した実用的アルカロイド合成法の開発と天然物全合成への展開」 

3.第14回天然物化学談話会奨励賞(2014年10月)
 「アミド基への求核付加反応から始まる天然物全合成」

4.BCSJ賞
 2015年4月 「Total Synthesis of (±)-Gephyrooxin and (±)-Perhydroggephyrotoxin」
 2017年8月 「Reductive Approache to Nitrones from N-Siloxyamides and N-Hydroxyamides」

5.第35回有機合成化学奨励賞(2017年2月)
 「反応性制御素子を用いたアミド変換反応の開発と応用」

6.International Symposium on Pure Applied Chemistry 2017, Lecture Award (2017年6月)
 ”Unified Total Synthesis of Stemoamide-Type Alkaloids”

【所属学会】

  • 日本化学会
  • 有機合成化学協会
  • 日本薬学会
  • プロセス化学会
  • アメリカ化学会
  • 【特別記事】
    1.天然物合成で総収率を上げるには?
       有機合成協会誌, 2018, 76, 454‐457.