分析化学研究室

チッテリオ研究室

 

Innovation of Chemical Sensors

慶應義塾大学

理工学部

応用化学科

センシングデバイス

 

当研究室は、(バイオ)ケミカルセンシングデバイスの開発に長い歴史があります。光学的手法によるデバイスにイオン選択性オプトード、電気化学的手法によるものにイオン選択性電極などがあります。このようなデバイスの開発のため、高い選択性をもつイオン認識化合物(イオノフォア、クロモイオノフォア、フルオロイオノフォア)を含む、多様な機能性分子(分子プローブ)の開発をこれまで行ってきました。

 

上述の分子プローブを基板(PVCなどの高分子膜、ガラス表面、紙、メソポーラスシリカフィルムなど)の上に固定化することで、可逆的に使用できるセンシングデバイスを作製することができます。

 

簡単に使用できるセンシングデバイスの一例として、比色指示薬が組み込まれた、大気中のホルムアルデヒドを検出するための試験紙を開発しました。このデバイスは、ドクターシックハウスとして商品化されています。

 

最近の例では、蛍光検出型ガラス基板pHオプトードがあります。保存安定性や光耐久性にも優れ、長期間にわたるpHのモニタリングに適したデバイスを開発することができました。

 

さらなる詳細は、 出版物リストをご覧ください。

 

Back

Citterio Laboratory 2017

Last update: October 3, 2017