微小水滴を反応場としたナノ粒子材料の開発
生体システムの自己組織化をモチーフとしたナノ素材開発
微粒子ナノインプリント技術の開発と表面造形
生体システムの階層構造をモチーフとした高分子微粒子の二次元・三次元組織化
ゲル微粒子の微小環境を利用した物質創製
生体膜の観点からデザインしたナノカプセルの創製
ユニークな生体高分子を用いたバイオハイブリッド材料の開発
生体に学び、生体に働きかけるポリマー材料の開発
  慶應義塾大学 理工学部 応用化学科  高分子化学研究室
ホーム

研究内容

メンバー

3年生のみなさんへ

リンク 
 
 

〜自然に学んで新しい高分子素材を生み出す〜


生体システムにおいて、核酸、多糖、タンパク質などの天然高分子が、タンパク質合成、酵素反応、
シグナル伝達、バイオミネラリゼーションなど重要な反応を司っており、生体内の物質合成を精密に
制御している。これらは、個として重要なはたらきを示すが、自己組織化することで、細胞から組織
そして臓器といった高次な階層性を
有する構造体へとくみあがっている。われわれは、このような自
然界の「ものづくり」からヒントを得て、高分子化学の視点から多様な高分子技術を用いて、ユニー
クな高分子素材の創出を行っている。これを通して、電子・光学、環境浄化、機能性食品、化粧品・
医療分野に向けた機能性素材化といった応用展開と、生体現象の解明に取り組んでいる


<物数を極めて工夫を尽くす>

1. 生体システムの作用点に注目して機能発現を目指す。

2. 生体システムの一部を模擬した新しいマテリアルを創製する。

3. これらを通して生体システムの理解を深める。