Kieo University - Science and Technology
NEWS
2006年10月17日UP!
第7回 矢上祭が開催されました
 今年で第7回を迎えた矢上祭が、今回は「Frontier」をテーマとして、10月14日(土)、15日(日)の2日間にわたり矢上キャンパスで開催されました。

 当日は両日とも快晴にめぐまれ、来場者数は昨年より3,000人上回る約9,000人に達し、過去最高記録を更新しました。

 キャンパス内は、各学科の研究室による研究内容のデモ・展示などの理工学部ならではの企画のほか、各種講演会、バンドやコンテスト等のステージ企画、お化け屋敷、模擬店、フリーマーケットなど、テーマ通り、先進的な企画にあふれていました。

 新企画の1つとして、今年度から高校生を対象とした「慶應生まるっとお見通し!!〜キャンパスライフ一日体験〜」が催されました。体験講座や新入生の1年間をテーマにした展示を通じて、理工学部生のキャンパスライフを実感できる企画は、高校生のみならず一般の来場者にも好評を博しました。

 また最終日には、恒例となったミス・ミスターコンテストの「理系美人」に続き、華やかな打上花火でフィナーレを迎え、今年も盛況のうちに終了しました。

矢上祭実行委員会のページ





正面玄関 「7th」の文字

ステージ上でのダンスパフォーマンス

恒例のミス矢上 アピールタイム

研究室展示の様子

日本IBM会長であり経済同友会代表幹事の北城恪太郎氏(S42年卒)など、
様々な方の講演会が行われました

宇宙授業 "水ロケットを飛ばそう!"

フィナーレを飾る花火

Close