7月26日

夏の自由研Q! おいしいキレイたのしい“泡”

SNSでシェアしよう

シェアするhelp

  • twitter
  • facebook

放送を見逃した方は
NHKオンデマンド

紙に印刷
プリントアプト

あさイチ恒例の夏休み企画「夏の自由研究」。今回取り上げるのは、子どもたちも大好きな「泡」!最近ちまたでは、「泡のかき氷」に「泡ラーメン」など泡の力を生かしたメニューが増えていて、実は、この「泡」を極めると日常生活がちょっとお得になるんです。例えば、お菓子作りに欠かせない泡、メレンゲにある一工夫を加えると、シフォンケーキやオムレツがふわっふわっの仕上がりに!また、せっけんや洗剤の泡を使わなくても、身近な食材に潜む泡で油汚れや茶渋を落とすこともできるんです。
さらに、自由研究にも役立つ泡を使ったサイエンスショーや、家庭で簡単に炭酸水を作る技などもご紹介。夏休みの自由研究にも、日々の暮らしにも役立つ情報をクイズで考える一石二鳥のお得な企画としてお伝えしました。

さまざまなものをふわふわに変える、メレンゲ。しかし、上手に泡立てるのは、なかなか難しいものです。そこでパティシエの小嶋ルミさんがおすすめするのが、冷凍した卵白を使うこと。卵白の温度を下げておくことで、卵白に粘りけが出て、メレンゲの泡が壊れにくい、安定したものになり、扱いやすくなるんです。実際に常温、冷蔵、冷凍の卵白で泡立てたメレンゲを使ったシフォンケーキを見て、触って、食べて、違いを自由研究しました。

<取材協力>
小嶋ルミさん(ケーキ工房オーブン・ミトン代表取締役 パティシエ)

バニラシフォン

材料・直径17センチのシフォン型1台分

  • 卵黄45グラム
  • バニラビーンズ8分の1本
  • グラニュー糖48グラム
  • サラダ油28グラム
  • 熱湯48グラム
  • 薄力粉65グラム
  • ベーキングパウダー2グラム
  • 卵白(15分冷凍庫にいれたもの)90グラム
  • レモン汁小さじ4分の1強
  • グラニュー糖28グラム

作り方

  1. 卵黄を溶きほしぐしたところに、バニラビーンズを加えて混ぜ合わる。そこにグラニュー糖を加えて泡立て器で軽くすり混ぜる。
  2. サラダ油に湯を加えてさっと混ぜ合わせたものを、(1)に加え、全体を泡立て器で混ぜ合わせる。グラニュー糖が溶けたら混ぜ終わり。
  3. ふるった小麦粉とベーキングパウダーを(2)に加え、粉けがなくなるまで、手早くまぜる。
  4. 冷凍卵白に、レモン汁とグラニュー糖の一部を加え、ハンドミキサーの高速で3分間泡立てる。
  5. 残りのグラニュー糖を2回にわけ、加えていく。それぞれ45秒~1分泡立てる。メレンゲのできあがり。
  6. (3)のボールに、(5)のメレンゲの4ぶんの1をとって加え、泡立て器で混ぜ合わせてなじませる。なめらかになったら、(5)のボウルに戻す。
  7. ゴムべらで、円を描くように35~40回混ぜ、メレンゲの白い部分が見えなくなれば終了。ゴムべらですくって逆さにしてもすぐには落ちないのが目安。
  8. 型にいれ、180度に熱したオーブンで25分ほど焼く。
  9. 焼き上がったら、型ごと裏返して完全に冷ます。
  10. 完全に冷めたあと、型から外せばできあがり。

印刷用ページ

メレンゲの泡を生かした新レシピ作り

メレンゲの泡を使った新レシピの自由研究に宮城大学の学生のみなさんが取り組みました。
その中で生み出された新食感のスイーツ「メレンゲアイス」をご紹介しました。

<取材協力>
宮城大学分子調理サークル Nuevo!!の皆さん

メレンゲアイス

材料・4人分

  • 卵白(15分冷凍したもの)2コ分
  • レモン汁小さじ2
  • 砂糖小さじ2
  • お好みのジャム大さじ3

作り方

  1. 15分冷凍した卵白にレモン汁と全量の3分の1の砂糖を加え、泡立てる。
  2. 途中、砂糖を2回に分けて入れ、それぞれ泡立てる。
  3. 卵白が角が立つくらいまで泡立ったら、ジャムを入れ、狭い範囲でかき混ぜる。
  4. ジャムが混ざりきったら、全体に軽く合わせ、冷凍庫で1時間ほど冷やす。
    ※生ものなので、作ったらできるだけ早くお召し上がりください。

印刷用ページ

身近な食材で汚れ落とし実験

枝豆のゆで汁を使うと換気扇周りの油汚れが簡単に落ちる。これは、枝豆に含まれる界面活性剤の力なんです。私たちの身近にある食材の中には、界面活性剤を持ったものがたくさんあります。そこで、界面活性剤が入っているかどうかの目安になる、泡が立つ食材を大捜索。見つけ出したじゃがいもの皮を使い、茶渋汚れを落としました。

<取材協力>
茂木和哉さん(キレイ研究所代表取締役)

泡のサイエンスショー

米村でんじろうさんのいちばん弟子、チャーリー西村さんによる、シャボン玉を使ったサイエンスショーを行いました。巨大なシャボン玉を作ったり、動きを自由自在に操ったり、科学の力を使った家でもまねできる、シャボン玉のスゴ技をご紹介しました。

<スタジオショー>
チャーリー西村さん(米村でんじろうサイエンスプロダクション)

ふわふわオムレツ

材料・1人分

  • 卵白2コ分
  • 卵黄2コ分
  • 一つまみ
  • バター大さじ1弱

作り方

  1. 卵黄に塩で味つけし、かき混ぜる。
  2. 15分間冷凍庫に入れた卵白を角が立つまで泡立てる。
  3. (2)のメレンゲの一部を卵黄に入れ、しっかり合わせる。
  4. 残りのメレンゲを入れ、泡がつぶれないようにさっくり混ぜる。
  5. 強火で熱したフライパンでふたをして2分ほど焼く。

印刷用ページ

専門家ゲスト:寺坂宏一さん(慶應義塾大学理工学部応用化学科)
ゲスト:山口もえさん(タレント)、本田望結さん(女優)
VTRゲスト:小嶋ルミさん(パティシエ)、茂木和哉さん(洗剤メーカー社長)、前田眞治さん(国際医療福祉大学大学院教授)
プレゼンター:宮下純一さん(タレント・元水泳選手)

SNSでシェアしよう

シェアするhelp

  • twitter
  • facebook

放送を見逃した方は
NHKオンデマンド

紙に印刷
プリントアプト

視聴者のみなさまへ

番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。