教授 寺坂宏一
専任講師 藤岡沙都子



寺坂宏一教授
所    属
学 部 理工学部 応用化学科
大学院 理工学研究科 開放環境科学専攻 
環境エネルギー科学専修

担当科目(大学特別研究期間中)
設置学科・学期 科 目 名 概   要
応用化学科
2年秋学期

(推奨科目)
応用化学計算基礎 化学分野においてもパソコンや計算機を使いこなせることがたいへん重要になってきています。とくに実験で得られたデータを正確かつ迅速に理解するにはEXCELなどによる表計算が便利ですし、より複雑な理論計算や実験機器の自動制御にはコンピュータ言語の知識をもつことが必要です。この科目では履修者全員がPCを用いて毎週化学で用いる理論をもとにした実習を行います。応用化学科の全ての学生が履修することを推奨します。本年度よりテキストが更新されます。
応用化学科
3年春学期
(必修科目)
応用化学実験A 「A-7 精留」と「A-8 精留操作のシミュレーション」において化学工場でひろく用いられている分離操作のひとつである精留のメカニズムと設計方法について実験およびコンピュータシミュレーションを行います。
応用化学科
3年春学期
(必修科目)
化学工学 化学工学の基礎について学びます。化学知識の実用化に必要な技術や実例について学習します。
応用化学科
3年春学期
(選択科目)
化学工学演習 化学工学(必修科目)において学習した内容についてより理解を深めるために、小クラス毎に2名のスタッフによる質疑交換をしながら、毎週3〜4問の問題を実際に解きます。テキストと電卓が必要です。
大学院
理工学研究科
開放環境科学専攻
秋学期
反応装置工学 化学工業プロセスにおける反応装置または反応器は、反応系や用途によって気泡塔、攪拌槽、固定床、流動層など様々な装置形式の中から適切に選択されなければなりません。また選択された既往の反応装置についても様々な理由によって異なった設計が要求されます。もし適当な反応装置形式が見あたらない場合には新しい形式による反応装置を開発する必要があります。そこでこうした反応装置の開発や設計を行う場合に必要な、反応器の仕組みや反応器内の基礎的な現象、これまでに提出されてきた知見、要素技術および方法論について論じるとともに、最新のトピックスについて紹介を行います。
 また、関東圏の化学工場のプロセスについて事前に学習し、予備知識を得た上で、工場見学を実施します。見学当日には企業のエンジニアと質疑討論を行い、後日復習およびレポート作成によりプロセス設計について理解を深めます。2002年度は、旭化成川崎支社(川崎市夜光)、東京ガス扇島工場(川崎市扇島)電気化学工業千葉工場(千葉県五井)を見学しました。2003年度は東京ガス根岸工場(横浜市磯子区)日清オイリオ横浜磯子事業場(横浜市磯子区)および新日本石油精製根岸製油所(横浜市磯子区)を見学しました。2004年度はJ-オイルミルズ横浜工場(大黒埠頭)東京ガス扇島工場(川崎)大陽日酸(川崎)を見学しました。2005年度は旭硝子千葉工場(五井)、東京ガス根岸工場および新日本石油根岸製油所を見学しました。2006年度は東芝(川崎)、JFEケミカル(蘇我)を見学しました。2007年度は新日本石油精製根岸製油所(横浜市磯子区)INCHEM東京(東京ビッグサイト)およびJFEスチール京浜製鉄所(川崎市)を見学しました。
2008年度は三井化学千葉工場(袖ヶ浦)、横浜火力発電所(大黒町)および横浜市資源循環局都筑工場を見学しました.2009年度は東京ガス根岸工場(磯子)電力中央研究所横須賀研究所(逗子)および住友化学千葉工場(姉ヶ崎)を見学しました。
2010年度は宇部興産千葉工場(五井)JX日鉱日石エネルギー根岸製油所およびJFEケミカル(蘇我)を見学予定です。2011年度は東日本大震災と福島原発事故のため工場見学日程が立たないため休講としました。2012年度は住友化学千葉工場三菱レイヨン横浜事業所およびJX日鉱日石エネルギー川崎工場を見学しました。2013年度はライオン(平井)資生堂(新横浜)大陽日酸(つくば)三機工業(中央林間)を見学しました。2014年度は千代田化工建設(鶴見)、J-オイルミルズ(横浜)、三機工業(中央林間)、キユーピー(中河原)を見学しました。2015年度は休講とします。2016年は大学特別研究期間のため休講になります。
2017年度から工場見学は行いません。内容をファイバブル入門に一新して講義を行います。

経 歴
学  歴
1980年4月
1984年4月
1986年3月
1987年4月
1991年3月
慶應義塾大学工学部入学
同 大学院工学研究科応用化学専攻修士課程入学
同 修了 工学修士
同 大学院理工学研究科応用化学専攻博士課程入学
同 修了 工学博士
職  歴
1986年4月
1991年4月
1992年4月
1995年4月
1995年9月
1995年9月
2000年4月
2001年8月
2007年4月
2008年4月
2014年4月
2015年4月
2016年9月
2017年2月
2017年5月
旭硝子株式会社鹿島工場
鐘淵化学工業株式会社生産技術研究所
慶應義塾大学理工学部助手
同 専任講師
RITE海外派遣研究員
ドイツブラウンシュバイク工科大学Guest Professor
慶應義塾大学理工学部助教授
(財)神奈川科学技術アカデミー光科学重点研究室研究員(非常勤)
慶應義塾大学理工学部准教授
同 教授
環境・資源・エネルギー科学専修主任
環境エネルギー科学専修主任
ハンブルク工科大学客員研究員
ドイツDFGメルカトル・フェロー
ダルハウジー大学訪問教授
社会的活動歴
1984年4月
1991年4月
1991年4月
1994年4月
1998年10月
1997年6月
1994年4月
1995年8月
1997年4月
1997年4月
2001年3月
2000年4月
2001年4月
2001年4月
2002年3月
2002年3月
2002年4月
2002年9月
2003年4月
2003年4月
2005年4月
2005年9月
2007年9月
2008年4月
2008年4月
2008年3月
2009年3月
2009年7月
2009年9月
2009年10月
2010年11月
2011年9月
2012年11月
2013年3月
2013年3月
2013年3月
2013年12月
2014年9月
2015年4月
2015年12月
2017年2月
化学工学会学生会員
化学工学会正会員
気泡塔・縣濁気泡塔の装置設計研究会会員
地球環境保全のための化学工学的対策技術に関する調査委員会委員
大量CO2の海水中のCaイオンによる処理に関する化学工学面の調査委員会委員
気泡塔・縣濁気泡塔の装置設計特別研究会会員
海水中のCaおよびMgイオンを利用した大量CO2の処理に関する化学工学面の調査委員会委員
平成7年度地球環境産業技術研究機構海外派遣研究員
化学工学会トピックス委員
化学工学会教育部門委員会理科教育分科会委員
気泡塔・縣濁気泡塔の装置設計研究会庶務幹事
化学工学会ケミカルエンジニア人材育成センター理科教育委員会委員
化学工学会関東支部幹事第一企画委員
分離技術会正会員
化学工学会粒子流体プロセス部会気泡塔分科会副代表
化学工学会粒子流体プロセス部会幹事
日本混相流学会正会員
化学工学会出版委員会委員
日本食品工学会正会員
化学工学会人材育成センター運営委員会委員
化学工学会関東支部幹事第一企画副委員長
日本混相流学会リエゾン技術専門委員会委員
日本混相流学会研究企画委員会委員
化学工学会代議員
化学工学会リエゾン委員会 学情報リエゾンチーム委員
化学工学会粒子流体プロセス部会気泡塔分科会代表
化学工学会粒子流体プロセス部会気泡・液滴・微粒子分散工学分科会代表
日本混相流学会混相流技術リエゾン専門委員会委員長
日本ソノケミストリー学会会員
日本ソノケミストリー学会理事
食品産業マイクロ・ナノバブル協議会技術専門委員
ナノバブルに関する国際標準化のための委員会幹事
(一社)ファインバブル産業会理事
 同        研究委員会委員長
 同        標準化委員会委員長
 同        認証委員会委員長
国際標準化機構(ISO)/ファインバブル技術委員会(TC281)委員
ファインバブル技術委員会(TC281)委員/WG3コンビーナー
ファインバブル学会連合理事長(代表)
日本水環境学会個人正会員
ドイツDFGメルカトル・フェロー
受賞歴
2009年12月
2013年12月
2014年10月
2015年8月
化学工学会 平成21年度化学工学会教育奨励賞
化学工学会 平成25年度化学工学会研究賞
Elsevier, Chemical Engineering Science, Top Cited Papers for 2011 and 2012
日本食品工学会第16回年次大会優秀ポスター発表賞


慶應義塾大学内役職
大学
  • 食と医科学フォーラム設立発起人
理工学部・理工学研究科
  • 理工学研究科委員
応用化学科 
  • カリキュラム検討委員会委員
  • スペース検討委員会委員
開放環境科学専攻


現在の所属学会・研究会・役職など
化 学 工 学 会
  • 代議員
  • リエゾン委員会 学情報リエゾンチーム委員
粒子・流体プロセス部会
  • 会員
気泡・液滴・微粒子分散工学分科会
  • Chair of MMPE(International Symposium on Multiscale Mulptphase Process Engineering)
  • ホームページ管理者
熱物質流体工学分科会
  • 会員

ファインバブル学会連合
  • 理事長
  • 評議員
  • シンポジウム委員会委員長

日 本 混 相 流 学 会
  • 正会員
  • マイクロ・ナノバブルの科学と技術的展開研究分科会委員

日 本 食 品 工 学 会
  • 正会員

分 離 技 術 会
  • 正会員

日本ソノケミストリー学会
  • 正会員
  • 理事

日本水環境学会
  • 個人正会員

一般社団法人ファインバブル産業会
  • 正会員
  • 理事
  • 標準化委員会委員長
  • 認証委員会委員長

国際標準化機構(ISO)
  • TC 281(Fine Bubble Technology Committee)

趣  味 & 自 己 紹 介
絵画 慶應義塾大学在学中は「綜合美術団体パレットクラブ」に所属し、陶芸、水彩画、油彩画の制作に一日の大半の時間を費やしていました。その後、矢上キャンパスで休部状態であった美術クラブ「麻の会」を有志と共に「麻の会マーメイド」として復活させました。
残念ながら現在ではなかなか作品制作に時間がとれませんがいずれ再開したいです。
旅行 欧米の博物館や美術館に出かけることが多いです。
ドライブ 時間ができると、横浜中華街あたりに出没します。
出身 たこ焼きと子午線で有名な兵庫県明石の出身です。家では関西弁です。
血液型 A





藤岡沙都子専任講師
所    属
学 部 理工学部 応用化学科
大学院 理工学研究科 開放環境科学専攻 
環境エネルギー科学専修

担当科目
設置学科・学期 科 目 名 概   要
理工学部
2年秋学期
基礎化学実験
応用化学科
3年春学期
(必修科目)
化学工学 化学工学の基礎について学びます。化学知識の実用化に必要な技術や実例について学習します。
応用化学科
3年春学期
化学工学演習 化学工学(必修科目)において学習した内容についてより理解を深めるために、小クラス毎に2名のスタッフによる質疑交換をしながら、毎週3〜4問の問題を実際に解きます。テキストと電卓が必要です。
応用化学科
3年秋学期
(選択科目)
応用化学工学 化学工学各論の中で、とくに化学工業プロセス設計で重要となる管内の流体の流動、伝熱、抽出、調湿および固体分離についての理論と設計方法について講義をすすめます。より理解を深めるために、毎回演習問題を解きながら解説していきますので、電卓が必要になります。
応用化学科
3年春学期
応用化学実験A 「A-7精留」と「A-8精留操作のシミュレーション」において化学工場でひろく用いられている分離操作のひとつである精留のメカニズムと設計方法について実験およびコンピュータシミュレーションを行います。
大学院
理工学研究科
開放環境科学専攻
春学期
 移動現象操作  化学装置による混合,反応,分離の制御及び装置設計のために装置内の流動場を解析し,流動と移動現象との関連を明確化する. 具体的には運動量移動現象の解析に必要なベクトル解析,テンソル解析を学びながら移動現象の基礎方程式を理解する. 管内流れの速度分布, 機械的エネルギー収支, 境界層理論, 粒子周りの流れ, 円管内乱流や非ニュートン流体の流動について学ぶ. また,撹拌槽における混合についてフローパターンの解析や撹拌所要動力の計算,スケールアップ等を理解し,装置設計の基礎を習得することを目指す.
大学院
理工学研究科
開放環境科学専攻
秋学期
化学工学特論 化学工学におけるコンピュータシミュレーションの基礎
(本間俊司非常勤講師との分担)

経 歴
学  歴
1999年4月
2003年4月
2005年3月
2005年4月
2009年3月
東京工業大学工学部入学
同 大学院理工学研究科化学工学専攻修士課程入学
同 修了 修士(工学)
同 大学院理工学研究科化学工学専攻博士課程入学
同 修了 博士(工学)
職  歴
2009年4月
2010年4月
2010年7月
2012年2月
2013年4月
2014年4月
2015年4月

慶應義塾大学先導研究センター特別研究助教
慶應義塾大学理工学部助教(有期)
Technical University of Hamburug, Visiting Scientist
潟Jネカ嘱託研究員
慶應義塾大学理工学部助教
慶應義塾大学理工学部専任講師
応用化学科F組担任
応用化学科懇親会幹事
社会的活動歴
2003年4月
2004年11月
2009年4月
2009年4月
2010年4月
2012年4月
2013年7月
2015年4月
化学工学会学生会員
日本機械学会学生会員
化学工学会正会員
日本機械学会正会員
日本混相流学会正会員
化学工学会粒子・流体プロセス部会 気泡・液滴・微粒子分散工学分科会会計幹事
日本食品工学会正会員
化学工学会関東支部第3企画委員会委員
 受賞歴
2014年8月
2014年10月
2015年8月
化学工学会 平成26年度部会活動功労賞(部会CT賞)
Elsevier, Chemical Engineering Science, Top Cited Papers for 2011 and 2012
日本食品工学会第16回年次大会優秀ポスター発表賞


慶應義塾大学内役職
環境エネルギー科学専修 
  • 専修幹事

現在の所属学会・研究会・役職など
化 学 工 学 会
  • 正会員
  • 関東支部第3企画委員会委員
気泡・液滴・微粒子分散工学分科会
  • 正会員
日本混相流学会
  • 正会員
日本機械学会
  • 正会員


趣  味 & 自 己 紹 介
出身 埼玉?
血液型 O
趣味 旅行★