オフィス街

  
慶應技術移転フォーラム川崎

慶應義塾大学知的資産センターは、慶應義塾で生まれた研究成果を社会に還元するために設立された学内技術移転機関(TLO)です。慶應義塾大学知的資産セ ンターでは、地域社会との連携を強化するため、全国各地で慶應義塾の技術シーズの説明・相談会である「慶應技術移転フォーラム」を開催しており、この度、 川崎におきましてフォーラムを開催することとなりました。皆様のご参加をお待ちしております。

オフィス街
  • 日 時 平成16年3月11日(木) 13:30〜17:00
  • 会 場 川崎市産業振興会館 9階第3研修室
  • 参加費 無料(事前にお申し込みください。)
  • 定 員 80名(先着順)

オフィス街

内 容

1.「慶應義塾大学における知的資産と技術移転の現状」
慶應義塾大学知的資産センター 所長 清水 啓介 教授
慶應義塾大学知的資産センターが進める産学連携の取り組み、技術移転等の実績について紹介します。
2.「5指型ロボットハンド」
慶應義塾大学理工学部機械工学科 前野 隆司 助教授
従来、人間の手指に準じた動作を可能とする多指ロボットハンドは、構造上の制約により大型であり、可搬性や設置の利便性に欠けることが問題となっていた。コンパクトに構成され、人間同様のすばやい動作が可能な5指ロボットハンドについて紹介します。
3.「気泡のレーザー測定」
慶應義塾大学理工学部応用化学科 寺坂 宏一 助教授
液体中における気体の化学反応の様子を知ることは、化学、食品分野における生産効率を把握する上で有用である。レーザーを用いることで液体中における化学反応による気泡三次元形状の変動を高い精度で測定する気泡測定技術について紹介します。
4.「電磁ノイズ抑制法」
都立科学技術大学工学部電子システム工学科 武藤 信義 教授
電力変換器におけるスイッチングの高速化に伴いEMIノイズが高周波数にシフトしたため、電子機器などの電磁障害が発生しやすくなってきている。簡単な構成により、伝導性EMIノイズおよび放射性EMIノイズの同時抑制を実現する電磁ノイズ抑制法について紹介します。
5.「ワイヤレスブロードバンド」
慶應義塾大学理工学部情報工学科 笹瀬 巌 教授
近 年、パソコンやPDAなどの情報機器を容易に相互接続し情報を共有することに対する要求が高まっている。ビデオ画像のような高いビットレートの情報にも対 応可能であり、家庭内における無線ネットワークのインタフェースとして注目されているWireless1394について紹介します。
6.全体質疑応答・個別相談会

オフィス街


 申し込み・問い合わせ先

慶應義塾大学知的資産センター

TEL03-5427-1678 FAX 03-5440-0558
E-mail : toiawasesaki-ipc@adst.keio.ac.jp
URL : http://www.ipc.keio.ac.jp
オフィス街

  • 前野助教授、笹瀬教授は川崎市産業振興財団発行の「産学連携ニュースレター」で紹介しております。バックナンバーから前野助教授(Vol.13)、笹瀬教授(Vol.7) を参照ください。
     http://www.kawasaki-net.ne.jp/kbu/index2.htm