Kento Mori

Academic Background

2013年 慶應義塾高等学校 卒業
2013年 慶應義塾大学 理工学部 学門3 入学
2017年 慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 卒業
2017年 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 基礎理工学専攻 博士前期課程 入学
2019年 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 基礎理工学専攻 博士前期課程 修了
2019年 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 基礎理工学専攻 博士後期課程 入学
2022年 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 基礎理工学専攻 博士後期課程 修了
2022年 博士(理学)号 取得

Work History

2021年 慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 助教(有期)
現在に至る

Publication List

Original Articles

  1. Soda Y, Sugiyama Y, Sato S, Shibuya K, Saegusa J, Matagawa T, Kawano S, Yoritate M, Fukaya K, Urabe D, Oishi T, Mori K, Simizu S, Chida N & Sato T. Total synthesis and anti-inflammatory activity of stemoamide-type alkaloids including totally substituted butenolides and pyrroles. Synthesis in press
  2. Mori K, Sun H, Miura K & Simizu S. Involvement of DPY19L3 in myogenic differentiation of C2C12 myoblasts. Molecules 26, 5685 (2021)
  3. Mori K, Suzuki T, Miura K, Dohmae N & Simizu S. Involvement of LH3 and GLT25D1 for glucosyl-galactosyl-hydroxylation on non-collagen-like domain of FGL1. Biochem. Biophys. Res. Commun. 560, 93-98 (2021)
  4. Osada Y, Suzuki T, Mizuta H, Mori K, Miura K, Dohmae N & Simizu S. The fibrinogen C-terminal domain is seldom C-mannosylated but its C-mannosylation is important for the secretion of microfibril-associated glycoprotein 4. Biochim. Biophys. Acta (Gen. Subj.) 1864, 129637 (2020)

ページトップヘ