Fujihara Laboratory 本文へジャンプ



Students

氏名 学年 研究チーム 研究テーマ 
下西里奈  D2  電子セラミックス機能設計  ナノ複合熱電材料 
叶洪  D1   光機能アセンブリー  スマート蛍光体 
大嶋優汰  M2    電子セラミックス機能設計  圧電セラミックス膜 
鳴嶋俊介   M2     電子セラミックス機能設計  熱電材料 
前川都子  M2     ナノマテリアル機能設計   色素増感太陽電池 
室井美穂  M2     光機能アセンブリー  薄膜蛍光体
森 雅恵 M2     電子セラミックス機能設計  高温用圧電セラミックス 
森山 隼   M2    光機能アセンブリー  ハイブリッド蛍光体センサ 
川口大貴   M1    電子セラミックス機能設計  ナノ複合電気磁気材料 
坂廻昂祐  M1 光機能アセンブリー  メソポーラス蛍光体センサ 
志賀南美  M1  電子セラミックス機能設計  圧電セラミックス 
東海林孝仁  M1 ナノマテリアル機能設計  色素増感太陽電池  
田藤正彦 M1 電子セラミックス機能設計  熱電材料 
本宮香純  M1 光機能アセンブリー  ナノ/マイクロ蛍光体センサ 
山内太郎  M1  光機能アセンブリー  オプトエレクトロニック薄膜 
吉山浩平  M1  電子セラミックス機能設計  ハイブリッド圧電体膜  
木村卓通   B4  電子セラミックス機能設計  電子・磁気機能性薄膜 
坂本健悟   B4  電子セラミックス機能設計  新規強誘電体 
高橋秀明  B4 光機能アセンブリー  スマート蛍光体 
冨田裕貴  B4  ナノマテリアル機能設計 メソポーラスセラミックス粒子 
山本匡養  B4 電子セラミックス機能設計 圧電体膜 
弓山涼介  B4  ナノマテリアル機能設計 有機−無機ハイブリッド膜
吉田岳春  B4  光機能アセンブリー  水酸化物蛍光体センサ 



Recruitment

 本研究室では,大学院生が積極的に研究活動を展開できる環境を整えています。在籍している学生スタッフとともに積極的に新分野を開拓する熱意のある研究メンバーを募集しています。

【専門分野】
  無機材料に関する研究,とくに,蛍光体を中心とする光機能性材料の合成と物性制御,ナノマテリアルの環境・エネルギー機能設計と合成ならびに評価,強誘電体を用いたデバイス設計,熱電変換素子や色素増感太陽電池などのエネルギーデバイスの設計と作製,等々の研究に積極的かつ真摯に取り組む意欲のある学生であれば,これまで本人が勉強してきた分野は問いません。むしろ,材料合成にはすべての化学分野(無機化学,物理化学,分析化学,有機化学,高分子化学)の知識が必要とされるので,これらの分野に精通していることは武器となります。

【所属方法】
 ●理工学部応用化学科3年生・・・2018年12月頃に研究室分けがあります。
 ●大学4年生・・・2018年夏に大学院修士課程の筆記試験があります。詳細はこちら
 ●大学院修士2年生・・・2018年夏および2019年春に博士課程入学試験があります。詳細はこちら


【研究室体制】
 学部4年生は理工学部応用化学科無機構造科学研究室(藤原研)に所属します。大学院生は総合デザイン工学専攻藤原研究室に所属します。修士課程および博士課程の試験では,あらかじめ指導教員を選ぶことになっています。学内外のすべての受験生に対して指導教員選択の自由が保障されています。

【研究発表】
 本研究グループでは,修士課程の学生に対しては,日本セラミックス協会電気化学会日本化学会応用物理学会日本ゾル−ゲル学会などの国内学会,ならびに種々の国際会議にて研究発表することを奨励します。また,米国化学会 (ACS) や英国化学会 (RSC) が発行する著名な化学系国際雑誌,米国物理協会 (AIP) や英国物理学会 (IOP) が発行する応用物理学系国際雑誌,米国電気化学会 (ECS) が発行するECS Journal of Solid State Science and Technology,米国セラミックス協会 (ACerS) が発行するJournal of the American Ceramic Society等への論文投稿を推奨します。博士課程の学生には,さらに上を目指していくことを望みます。