慶應義塾大学理工学部応用化学科

教育関連

主任からのメッセージ

ようこそ! 慶應義塾大学 理工学部 応用化学科へ


応用化学科主任
藤原 忍 教授

慶應義塾大学 理工学部 応用化学科は1939年に藤原工業大学の応用化学科として設立されました。1944年に藤原工業大学は慶應義塾大学工学部となり、1981年には理工学部として改組されましたが、応用化学科は設立当初より82年にわたる歴史を連綿と刻み続けています。この間、7600名を超える卒業生を社会に送り出してきたことが応用化学科の最大の誇りであり、また、世界をリードする先進的な研究成果も数多く生み出されています。

いうまでもなく、慶應義塾大学 理工学部 応用化学科は学問を行うところです。ここには、学問を行いたいと望む人たちが集い、化学の「基礎」と「応用」の習得を志し、物理化学、無機化学、材料化学、電気化学、環境化学、化学工学、分析化学、有機化学、高分子化学、生物化学など幅広い分野・領域を学び、その上で自身の課題を見つけて果敢に挑戦しています。われわれ教員は、「高い専門性」と「広い視野」をもつ研究者・技術者の育成を目指し、応用化学科の教育と研究に情熱をもって取り組んでいます。このような環境で高度な知識とスキルを身につけた卒業生は、社会の中核的な人材として幅広い分野で活躍しています。これこそがわれわれ応用化学科の「宝」です。

慶應義塾大学 理工学部 応用化学科には、以下の4つの特色ある研究分野があります。

マテリアルデザイン

環境・分析・化学工学

オーガニックサイエンス

バイオサイエンス

 

それぞれの分野の研究室において、専門的で現場を重視した「教育」と「研究」が行われています。また、分野にとらわれない自由な授業科目の選択もでき、幅広い分野・領域における化学の基礎から応用までの知識とスキルを習得することができます。

さて、2020年は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が社会の隅々にまでおよび、大学での学びも大きく変わらざるを得ませんでした。とくに、化学の教育と研究において最も重要な「実験」を行う機会が大幅に減少しました。2021年以降は、学生の安全・安心を最優先にした上で、その影響をリカバーしながら真の学びの場を取り戻していこうと全教員が決意をしています。ビフォー・コロナとアフター・コロナでは、社会全体の行動様式や価値観が大きく変わるかも知れません。それでも、私たちがいままで生きてきた中で大切にしてきた「もの」と「ものごと」は変わらないでしょう。そして、私たちの次の世代、次の次の世代へと、それらを引き継いでいく責任があります。化学を学び活かす私たちの責任とは、自然の中にある存在としての自覚を持ち、自然との調和を考えた「ものづくり」を行うことです。そのためには、「ものごと」の奥にある本質を正しく理解し、活用し、さらに制御するための知恵を身につけることが重要です。皆さんも応用化学科の仲間になって、本質をさらに深めていく「基礎」と正しく活かしていく「応用」を身につけ、これからの時代をともに切り拓いていきましょう。